釣り場情報

大淀川河口左岸

大淀川河口左岸1

大淀川河口左岸の小戸橋の先から水門の手前までの釣りポイントを紹介します。
大淀川河口左岸には車で乗り入れができます。一つは赤江大橋下から、もう一カ所はもっと東側に入り口があります。夜間も閉鎖されませんので夜釣り可です。右岸のように仮設トイレはありませんのでボートの裏に隠れて用を足すと良いでしょう。ただし土手の上からは丸見えです。

スズキ(セイゴ)、チヌ、エバ、サッパ、キス、ハゼ、グチ、ウナギなどが釣れますが、ハタの類、フエダイの類、マゴチ、ヒラメ、ヘダイなどの釣果もちらほら耳にします。
またニゴイやイダなど下流域の魚もたまに釣れるようです。

右岸に比べると変化が多く釣りに向いていそうですが、手前にテトラが埋っている場所が多く意外と釣りにくいため、長めの竿を使ってのぶっ込み釣りが主流です。
秋口になるとハゼが釣れはじめますが、数釣りするにはコツがあるようです。

  • 大淀川河口左岸2

    赤江大橋から西側。向こうに見えるのが小戸橋です。三角のテトラがずらっと埋ってます。潮位が高くなるとほとんど隠れてしまいます。

  • 大淀川河口左岸3
  • 大淀川河口左岸4
  • 大淀川河口左岸5

    赤江大橋下のポイント。日差しが強い日は日陰になって釣りやすく、雨が降っても濡れません。こちらもテトラが埋ってます。けっこう乗りづらく、すべるので注意しましょう。

  • 大淀川河口左岸6

    有料道路下のポイント。有料道路下から西側の様子。

  • 大淀川河口左岸7

    有料道路から東側の様子。舟の停泊している桟橋が増えてきました。

  • 大淀川河口左岸8

    有料道路下あたりは、こんな感じでテトラが平べったく並んでいます。満潮時は意外と気付きにくく、根掛かりしがちです。

  • 大淀川河口左岸9

    桟橋に乗ればテトラの先に仕掛けを落とす事ができます。舟のある桟橋には乗らないようにしましょう。

  • 大淀川河口左岸10

    少し東に進むと「陥没注意」の文字が。本当に陥没するか試したりしないようにしましょう。

  • 大淀川河口左岸11
  • 大淀川河口左岸12

    さらに東に進むと、テトラがデコボコした形に変わり、隙間にコロコロとした石が埋ってます。波の高い日などはけっこう水をかぶるポイントです。

  • 大淀川河口左岸13
  • 大淀川河口左岸14

    宮崎処理場排水溝。し尿処理場・終末処理場とも呼ばれるポイントです。排水溝付近にはよくボラがいます。スズキも釣れるようです。

  • 大淀川河口左岸15

    見ての通り排水は濁っていて臭いもそれなりです。基準はクリアしてるんでしょうけどもうちょっときれいにならないもんでしょうか。

  • 大淀川河口左岸16

    向こうに見えるのが水門です。このあたりは水深がやや浅かったと思います。

  • 大淀川河口左岸17

    最後に土手から河口を見渡してみました。

アクセスマップ

ページの先頭