宮崎の釣り用語

エバ(えば)

エバ
よそで言うところのメッキ(メッキアジ)の事で、ヒラアジ類の幼魚を指す。エヴァじゃなくてエバだよ(後記:エヴァでもOK)。ギンガメアジロウニンアジが一般的だが、カスミアジオニヒラアジのように形がそれっぽいやつなら大旨エバでオッケーだ。

サイズが大きくなると、「デカエバ」「でっかいエバ」などに昇格することも。「ヒラアジ」や「GT(ジャイアントトレバリー)」といった呼び名はあまり聞きなれないような気がする。基本的には大きさや種類に関係なく「エバ」が基本。ただ、ハナタレエバだけは区別してほしい。

ある程度釣期は限定されるものの、サーフ・堤防・河口・磯などいろんな場所で釣れ、群れに当たれば数釣りも期待できる。またルアーでもエサ釣りでも楽しめる、宮崎では人気の釣り物だ。地元でも様々な釣法を目の当たりにしている。

釣り人はサイズのわりに引きがいい、ナイスファイトだと口を揃えて言う。
食べてもなかなかおいしくて、個人的には刺身とフライがうまいと思う。
ページの先頭